8.2 〜命日〜

2019_08_02_01.JPG

5回目の命日となりました。
あれから4年。
やはり銀次さんのライブが観たいです。
進化した演奏やサウンド、新たなチャレンジなど、もっともっと間近で観ていたかったです。

時間が止まっているようです。

正直に言うと、銀次さんがまだ生きていたら自分の活動は今ほどできていなかったかも知れません。
銀次さんがいるときに銀次さんの曲を演ることもなかったと思います。

本当の凄さ。
本当のありがたみ。

銀次さんの音楽を伝えることと、自分自身の進化。
いつでも見守ってくださるその姿に、これからも良い報告をできますように。

月別記事