THANX!!! 〜part 2〜

2018_10_08_01.JPG

小川銀次Jr. BAND Live @ Silver Elephant 2018.10.2

set list

1. Personal Tea
2. よみがえる神話
3. そよ風と散歩
4. 出バヤシ No.1
5. たった一言
6. Sky-High
7. Purple-WIND

encore. Dale (with Yoji & Shinobu)


改めまして、お越しいただいた皆さまに心より感謝申し上げます。
また、イベントに参加してくださいました『〇参壱吾』の加藤志乃ぶ様、永野啓司様、『YOJI ITO』の伊東洋司様、伊東裕司様、大菊勉様、そしてSilver Elephantのスタッフの方々へも大変お世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。


「いつかやってくれると思っていましたよ〜!」
と、銀次さんLIVEの常連の方にお越しいただけて、そしてそのようなお言葉をいただき、開演前から感激で涙が出そうでした...。

Silver Elephantの会場内には何年も前からの銀次さんのポスターが残してあり、CDが置いてあり、長年のファンの方々がお越しくださり、生徒が集う。
「小川銀次」という伝説のギタリストは確かにそこに存在し、今も変わらず生き続けている。
...強く、そう感じました。


ローディー時代と同じように、階段を降りきったところでお客様をお迎えしていると、一瞬にして「あの頃」へタイムスリップ。
当時と変わらない光景がなんとも感動的で夢の中のようでした。

5分も経てば、楽屋のドアが開き『坂井くん居る?』とお呼びがかかり「チューハイのサイン」。
(当時、銀次さんは本番前に必ず缶チューハイを2〜3本飲んでいました)
開場から開演までの1時間の間に15分おきに「お声掛け」をして要件がないか伺っていた時のことを思い出しました。


自分のステージが始まる前はいつも緊張でドキドキですが、この日は当時のワクワク感の方が勝っていました。
(出番直前では結局緊張が勝ちましたが(笑))

〇参壱吾のお二人と、YOJI ITOのお三方のステージに圧倒されながらも「ステージ前の儀式曲」にて気持ちを入れ替えて挑みました。
自分は銀次さんのような長編のSoloは弾けないので、その分の時間を短縮すればちょうどいいくらいの7曲を選んだのですが、気づけばSoloを長く弾いてしまい大分時間をオーバーしてしまいました(苦笑)

自分の演奏とはいえ、まさに銀次さんの曲の中にいて心地よく、どんどんPOWERがみなぎっていくような感覚になりました。
止まらない...というより、止めたくないという気持ちでした。
つたない演奏で聴いてくださっている方々とリズム隊の2人には迷惑だったかも知れませんが、銀次さん(の曲)と一体化したような最高の気分でした。

アンコールをいただき、生徒3人が集結してお馴染みの『Dale』で最後を飾りました。
加藤志乃ぶさんの格好いいステージングと素晴らしいバッキング、伊東洋司さんの圧倒的な超絶プレイ、二人の間に挟まれながら(笑)最高に楽しい瞬間でした。

最高に幸せな時間でした。

お越しいただいた銀次さんファンの方々はお楽しみいただけたでしょうか。

イベント終了後、「次は◯◯が聴きたいです」とリクエストもいただきました。
本当に嬉しかったです。
次回、必ずやります。

というわけで、小川銀次Jr. BANDはこれからどんどん活動していきます。
日々精進いたします。
引き続き応援くださいますようお願い申し上げます。

銀次さんもずっと見守ってくださっていると信じています。

月別記事