Happy Birthday !!!!

2016_09_24_1.JPG銀次さん、62歳の誕生日おめでとうございます!

最近は(LIVEに向けて...ということもありますが)銀次さんの曲を毎日聴いて、毎日弾いています。
以前、「叩き」を教わったときに『けっこう大変なことやってたんですね...?』という僕の感想に『そうなんだよ』と言って少し照れ笑いされていたときのことを思い出しました。
というのも、今回のLIVEで演る曲を選ぶ際に、好きな曲の中からさらに変拍子などが無く難しくなさそうな曲(←ごめんなさい)を選んだのですが......とんでもない!どれも難しいじゃないですか!(笑)
演ってみて初めて『こんなすごいことやってたのか...』と気付かされたのでありました。すみません。

こんなに難しいのに、銀次さんの曲(メロディー)は聴きやすく、「自然体」という感じで心に届く。
改めて『すごいな...』と思いました。

これらの「弾く側には超絶な聴く側にはイージーな」素晴らしい曲の数々を自分なりに表現させていただきます。
銀次さんの大切な機材達も使わせていただきます。
もっといろんな人に聴いてもらえるように、活動の場を広げていきます。
どうか引き続きお見守りください。



毎度のこと、銀次さんの誕生日にはあの「十四代」をお供えしたいと思うのですが...
手に入りません(笑)
というか、ネットでは高額すぎて手が届きません(笑)

一度、銀次さんがいつも行っていたという茨城の酒屋さんにも探し出して行って来ましたが、やはり一般には売り出しておらず断られました。
(この時は、お店が分かっただけでも嬉しかったのですが)
その後もいろいろと酒屋さんを回ってはみましたが見つからず。

そこで、多摩市にある酒屋さんを思い出しました。
以前、そこの酒屋さんの車(いろいろな銘柄のロゴ入り)を見かけたときに「十四代」のロゴがあったからです。
お酒に詳しい人(笑)と一緒に行ったのですが、品揃えがかなり豊富で興奮しておりました(笑)
店内はお客さんもたくさんで、かなり人気店のようでした。

肝心の「十四代」はというと、その場にはやはり置いていませんでしたが、お店の人に聴くと不定期で入荷はしているそうです。
ただ、さすがに「十四代」なので抽選になるようなことをおっしゃっていました。
僕としては「十四代」の瓶と箱だけでも手に入れば嬉しいのですが...(笑)


先日、これまた多摩市の聖蹟桜ヶ丘の駅から多摩川沿いに向かって散歩していた時、何かのイベントを見つけました。
行ってみると、小中学生くらいのダンスのステージと職業体験のコーナーがあり、飲食店の出店もありました。
自動車の展示も3台あり、少し眺めながら出店の方へ。

すると、真っ先に目に飛び込んできたのがあの酒屋さんの車!
すぐに近づいてみるとそこには「十四代」の文字が!
嬉しくなって一杯(小さい紙コップ)500円を注文。
もちろん、僕は飲めない(しかも運転もある)ので一緒にいた「お酒に詳しい人」に味見させました(笑)。

「十四代」の中でもランク(?)が下の方のもので、甘みが強かったそうです。
僕は結局「十四代」を一度も味見すらしたことがなかったので、今回は飲んでみたい!と、ペットボトルに移し変えて(笑)持ち帰りました。

家に帰ってさっそく味見です。
ほんのわずか口につける程度です(笑)
『かぁ〜〜ッ』
何年振りかわからない「THE 日本酒」というあの味とともに、喉から胸にかけて燃えるような(←言い過ぎ)熱さが広がりました。
やっぱり飲めません(笑)

でも、その日から毎晩スプーン1杯(小さじ程度)ずつは口をつけています。←養命酒か!(笑)
そして、まだ残っています(笑)

今夜もまたスプーン1杯の「十四代」で、銀次さんの誕生日をお祝いしたいと思います。



投稿者:POWER RECORD "S" 日時:15:50

お披露目会 〜番外編〜

IMG_0682.JPG国立LIVERPOOLにて、懲りずに(?)Bassを弾いて参ります。
今回は「もう一つの」銀次さんBassのお披露目です。
Body材がAshで、作りも違うのでSoundは全く別物です。
楽しんで参ります!



投稿者:POWER RECORD "S" 日時:14:48

4回目の命日

2018年8月2日。
本日で三年が経ちました。

連日猛暑が続いていますが、皆様は体調を崩されたりしていらっしゃいませんでしょうか。

銀次さんは、暑い日は『アツイィィィィーッ!!』と言いながらGuitarを練習して、散々汗だくになったところでシャワーを浴びる!ということを繰り返していたそうです。
流石にこの暑さでは難しそうですが。

しかし、銀次さんはどんな時でも「楽しむ」ということを一番に考えて日々を過ごしていたように思います。
暑い日、または寒い日。
雨の日や台風の日まで、その一瞬一瞬を大切に生きるように。

銀次さんは雨の日に傘をさしません。
どうしてかと聞くと『雨の日は濡れるものだから』と。
そもそも傘を持ってもいないようです(笑)

銀次さんの曲に「風景(情景)」に対するものが多いのも、そのような感性の豊かさの表れだと思います。

銀次さんが見て感じてきた素晴らしいこの世界の景色を、銀次さんが魂を込めて奏でた音楽を通して、この先もずっと共有していけたらと思います。



投稿者:POWER RECORD "S" 日時:17:44

2018年10月2日(火) Silver Elephant !!


2018.10.2イベント.png
銀次さんの写真(お力添え?)をお借りしてフライヤーを作成させていただきました。
偉大なギタリストによる極めて貴重だった「教え」を胸に、残してくださった素晴らしい音楽に触れてみたいと思います。
どうか温かく見守っていてください...



投稿者:POWER RECORD "S" 日時:18:08

YOJI ITO LIVE

*再び*続きでお知らせです。

先日ご紹介させていただき10月のイベントでもご一緒させていただく銀次さんのお弟子さんのバンド『YOJI ITO』さんのLIVEが、私達*西東京*組とは真逆の*千葉県*にて開催されます。

2018年8月25日(土)Live & Studio Rivers Flow
 オープン 18:30
 スタート 19:00
 チケット 予約¥2,500 当日¥3,000(1ドリンク付き)

尚、YouTubeの動画も公開されていますのでご確認ください。→YouTube動画
ご興味のある方、ご自宅から近い方、是非ともよろしくお願いいたします。

yoji_2018_v4copy.png



投稿者:POWER RECORD "S" 日時:17:51

追加公演...!?〜BASSフタタビ〜

お披露目会は「終了」いたしましたので、普通のLIVE告知です...。
(と言いつつ、まだお披露目していないもう一つのベースの「お披露目会」という可能性も視野に入れています...(謎)???)

先日、1バンド欠けてしまい困っているとのことで急遽お呼びがかかりました。
今度は、いつもお世話になっているライブハウスやバンドメンバーの方々への恩返しという意味で再び参加させていただきます。

『キングパァプリン 』
2018年8月4日(土)国立LIVERPOOL
 オープン 18:00
 スタート 18:30(1番目18:30〜)
 チケット ¥2,000(ソフトドリンク、カクテル、チューハイ、ウイスキー飲み放題)

スケジュール



投稿者:POWER RECORD "S" 日時:17:57

小川銀次Jr. BAND LIVE!!?

ついに!

私、POWER RECORD "S"=坂井裕之が『小川銀次Jr.』(と名乗らせていただきます)として、銀次さんの素晴らしい音楽を広める使命と、銀次さんへの恩返しの気持ちを込めて始動いたします。

第一回は、やはり銀次さん(と私がローディーとしても)が最も馴染みのある吉祥寺Silver Elephantにて、銀次さんの生徒さん率いるBAND2組と共に下記イベントを開催いたします。


『POWER RECORD presents 小川銀次「ありがとう」〜生徒の集い〜』

  日付:2018年10月2日(火)
  会場:吉祥寺Silver Elephant(後日スケジュール更新していただきます)
オープン:18:30
スタート:19:00
チケット:前売り¥2,000 当日¥2,300

出演:
 〇参壱吾(さんいちご)
 YOJI ITO
 小川銀次Jr. BAND

POWER RECORD "S" スケジュール


尚、チケットの予約開始は2ヶ月前...
自分でも気が付かなかった(銀次さんには申し訳ない)のですが、なんと銀次さんの命日にあたる8月2日からです。
ここにも必然的な(?)偶然が現れました。

これも銀次さんが導いてくださったことなのかと、運命的なものを感じました。





投稿者:POWER RECORD "S" 日時:14:06

*ようこそ!*

というわけで、全3巻(?)のお披露目会を終えて参りました。
全て制覇された方(本当に感謝!)や、新たに観に来てくださった方、遠くからでも応援していてくださった方々へ心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

今回、ここまで(Fretless)Bassという楽器に向き合い、練習したのは初めてかも知れません。
(どの楽器もそうですが)本当に奥が深く、やればやるほど自信がなくなっていきました(笑)

GuitarもBassも好きなので、最近の流行りにならって『二刀流』でいけたらいいなと思ったりもしましたが到底無理です。
銀次さんでさえ、Guitarの可能性を生涯かけて追求し続けていたというのに...。
そもそも自分はGuitarでさえまともに追求できていないというのに。

しかし、それでもやっててよかったという出来事がひとつありました。

LIVEを観に来てくださった方々の中に、16歳にしてすでに5年ほどBassを習っているという高校生(男子)(←一応(笑))がいて、Fretless Bassを初めて観たのか「やってみたい」と興味を持ってくれたのです。

確かに、吉祥寺(プログレの聖地あたりとか)にでも出向けばFretless Bassなどいくらでも観れるところですが、西多摩地区ではなかなか居ないかも知れません。
打ち上げの際に「Fretless Bassっていくらくらいですか?」と積極的に声をかけてきてくれて少しだけ話をしましたが、自分のStageで誰かに少しでも影響を与えられたということがすごく嬉しかったです。

『ようこそ!Fret のない世界へ!』(笑)

私は教える立場ではありませんが、そのように若いうちから積極的に自分の幅を広げようとしている姿を見ると何だか...教え子を見守っているような気持ちになりますね。
そして自分も負けてられない!...と。

銀次さんの気持ちが少しだけわかった気がしました。




投稿者:POWER RECORD "S" 日時:17:48

国立LIVERPOOL

雨にはなりませんでしたが気温が低くなっております。
またしまっておいたフリースの上着を引っ張り出して着ています(笑)。

本日は、今年最後の(?)銀次さんベースお披露目会です。

と...ここで、地震?

軽い揺れを感じました。

いつ何が起こるかわかりません。
やりたいことは出来るうちに。

それでは、またひとつ挑んで参ります。



投稿者:POWER RECORD "S" 日時:15:15

偶然は必然!?

先月の御徒町Jam SessionでのLIVE音源を聴いていて奇跡的な(?)偶然を発見いたしました。

ある曲のギターソロの部分で、銀次さんの曲にあるフレーズ(もちろんベースのパート)が頭に浮かび、キーも同じだったのでそのまま弾いて(独りで?)楽しんでいました。
ステージ中では気づきませんでしたが、ちょうどその時のギターソロはJimi Hendrixのフレーズを弾いてたのです(アドリヴ)。
そこでハッとしました。

その曲はCharさんのJimi Hendrixに捧げた(かどうかは分かりませんが...)曲だったので、なるほど!と思いましたが、そのタイミングで自分が弾いていたフレーズ...。
銀次さんが、これまたJimi Hendrixに捧げた「Purple-WIND」のフレーズだったのです!

『偶然は必然』だと、銀次さんもおっしゃっていましたが、同じタイミングで別のギタリスト経由でJimi Hendrixに繋がるという面白い偶然に出会いました。


そんなギタリスト同士ならではの(?)偶然(必然)も楽しめる「お披露目会」ですが(笑)、明日は3回目の第二弾となります(笑)。

そして...

その後しばらくお休みいたします。
というのも、(ついに!?)ギターでの活動に乗り出すためです。
銀次さんに『やっと!動き出したか!』と言われてしまいそうですが...。
後日公開いたします。

明日までは、ベーシストでいさせてください...(笑)



投稿者:POWER RECORD "S" 日時:14:21

月別記事